Previous: , Up: Tutorial triangle   [Contents]


3.10 ビルドとの連携

三角形判定プログラムでは、~/triangleなど作業用ディレクトリーのトップでmakeを実行すればプログラムをビルドできました。作業用ディレクトリーのMakefileを次のように編集すると、ビルドと連携してテストを実行できるようになります。

CC = gcc

.PHONY: all check clean

all:
	$(CC) -o triangle triangle.c

check:
    $(MAKE) -c test

clean:
	rm -f triangle

ビルドとテストは、次のように実行します。

$ make
gcc -o triangle triangle.c
$ make check
make -C test
test: 13 / 13 tests passed. Detail in /home/foo/triangle/test/TEST.log
test: All tests are succeded.

こうした設定をしておけば、プログラムを変更するたびに簡単にビルドとテストを実行することができます。