YACASL2.git
10 years agodumpwordコマンドで10進数/16進数を表す文字列が引数になるよう仕様変更
j8takagi [Sun, 31 Jan 2010 12:48:37 +0000 (21:48 +0900)]
dumpwordコマンドで10進数/16進数を表す文字列が引数になるよう仕様変更

dumpwordコマンドに関連して、ヘッダファイルとテストを整理

10 years agoCALL命令で、ローカルレベルも読み込めるように仕様変更
j8takagi [Sun, 31 Jan 2010 04:33:33 +0000 (13:33 +0900)]
CALL命令で、ローカルレベルも読み込めるように仕様変更

10 years agoCASL2テストで、outa, outl, outb, outd_q15ソースコードの修正を反映
j8takagi [Sun, 31 Jan 2010 04:28:31 +0000 (13:28 +0900)]
CASL2テストで、outa, outl, outb, outd_q15ソースコードの修正を反映

10 years agoテストの方法を修正
j8takagi [Sun, 31 Jan 2010 04:11:25 +0000 (13:11 +0900)]
テストの方法を修正

diff.txtの出力形式を「diff -c」に変更
comet2のテストで、オブジェクトファイルをa.oに

10 years agoコマンド表とラベル表の作成時に、共用体版hash関数を使うように変更
j8takagi [Sun, 31 Jan 2010 04:03:02 +0000 (13:03 +0900)]
コマンド表とラベル表の作成時に、共用体版hash関数を使うように変更

10 years agoCASL2コードで、ローカル以外のラベルを使わないように修正
j8takagi [Sun, 31 Jan 2010 03:45:07 +0000 (12:45 +0900)]
CASL2コードで、ローカル以外のラベルを使わないように修正

outa, outl, outb, outd_q15で、ststrを呼び出していた部分を修正
outa_call, outl_call, outb_callのEND位置を修正
hanoiで、インデントを修正

10 years agoラベルハッシュ表作成時にhash関数を使用するよう修正
j8takagi [Fri, 29 Jan 2010 23:52:18 +0000 (08:52 +0900)]
ラベルハッシュ表作成時にhash関数を使用するよう修正

10 years agoユニットテストを修正
j8takagi [Fri, 29 Jan 2010 23:46:26 +0000 (08:46 +0900)]
ユニットテストを修正

10 years agoハッシュ関数を共用体版にし、ラベルの範囲をプログラム内だけで有効に
j8takagi [Thu, 28 Jan 2010 16:04:37 +0000 (01:04 +0900)]
ハッシュ関数を共用体版にし、ラベルの範囲をプログラム内だけで有効に

hash関数とlabelhash関数のテストが未成功
CASL2のOUTA関数など、グローバル変数を使用したコードが使えない

10 years agoオペランドの最大長をOPDSIZE-1(=39)からOPDSIZE(=40)に修正
j8takagi [Thu, 28 Jan 2010 03:01:49 +0000 (12:01 +0900)]
オペランドの最大長をOPDSIZE-1(=39)からOPDSIZE(=40)に修正

10 years agogetlabel関数の引数を変更
j8takagi [Tue, 26 Jan 2010 00:10:19 +0000 (09:10 +0900)]
getlabel関数の引数を変更

「label, prg」=>「prog, label」

10 years ago「make check」「make clean」の修正
j8takagi [Mon, 25 Jan 2010 23:47:37 +0000 (08:47 +0900)]
「make check」「make clean」の修正

「make check」は、常にすべての統合テストを実行
「make clean」は、常にソースとテストのディレクトリをクリア
err.txtをクリアするよう修正

10 years agoソースコード表示時の行数表示形式を調整
j8takagi [Mon, 25 Jan 2010 15:19:36 +0000 (00:19 +0900)]
ソースコード表示時の行数表示形式を調整

10 years agoオプション指定時の動作を検証
j8takagi [Mon, 25 Jan 2010 15:02:30 +0000 (00:02 +0900)]
オプション指定時の動作を検証

1から10までの正数の和を求めるCASLプログラムsum_10.caslを追加
sum_10.caslをさまざまなオプションで実行するテストを追加
Usageの表示を修正

10 years ago「make check」でのテストが、コマンド更新時だけに実行されるよう修正
j8takagi [Mon, 25 Jan 2010 04:27:54 +0000 (13:27 +0900)]
「make check」でのテストが、コマンド更新時だけに実行されるよう修正

10 years agoラベル表にプログラム名(prog)を追加
j8takagi [Mon, 25 Jan 2010 04:21:05 +0000 (13:21 +0900)]
ラベル表にプログラム名(prog)を追加

プログラム名を追加することで、プログラムの入口以外の
ラベルの範囲がプログラム内だけに変更
プログラムの入口では、progはNULL

10 years agogitの設定を変更
j8takagi [Sat, 23 Jan 2010 13:19:24 +0000 (22:19 +0900)]
gitの設定を変更

10 years agohash.cの分離独立とソースコードの草取り
j8takagi [Fri, 22 Jan 2010 23:58:26 +0000 (08:58 +0900)]
hash.cの分離独立とソースコードの草取り

10 years agodumpwordコマンドを追加
j8takagi [Thu, 21 Jan 2010 14:18:23 +0000 (23:18 +0900)]
dumpwordコマンドを追加

dumpwordは、16進数値を10進/2進数値として表示する

10 years ago引数の変更
j8takagi [Thu, 21 Jan 2010 14:11:09 +0000 (23:11 +0900)]
引数の変更

-M: メモリーサイズの指定
-C: クロック周波数を指定
-o: アセンブラ結果をファイルに出力し、実行。出力先のデフォルトは、a.o
-O: アセンブラ結果をファイルに出力し、終了。出力先のデフォルトは、a.o

10 years agoアセンブラファイルとテストの整理
j8takagi [Thu, 21 Jan 2010 13:37:55 +0000 (22:37 +0900)]
アセンブラファイルとテストの整理

10 years agoクロック周波数の定義を追加
j8takagi [Mon, 7 Dec 2009 11:32:21 +0000 (20:32 +0900)]
クロック周波数の定義を追加

10 years ago-32768〜32767の数値を出力するアセンブラプログラムouti.caslを修正し、テストを追加
j8takagi [Sun, 6 Dec 2009 03:02:30 +0000 (12:02 +0900)]
-32768〜32767の数値を出力するアセンブラプログラムouti.caslを修正し、テストを追加

10 years agoMerge branch 'master' of /home/dav/yacasl2
j8takagi [Wed, 2 Dec 2009 13:19:48 +0000 (22:19 +0900)]
Merge branch 'master' of /home/dav/yacasl2

Conflicts:
as/count_call2.casl
test/astest/List.mk
test/astest/addl/0.txt

10 years ago無視ファイル追加
j8takagi [Wed, 2 Dec 2009 02:41:43 +0000 (11:41 +0900)]
無視ファイル追加

10 years agoYACAL2: CASL2処理系
j8takagi [Mon, 23 Nov 2009 04:20:30 +0000 (13:20 +0900)]
YACAL2: CASL2処理系

10 years agoYACAL2: CASL2処理系
j8takagi [Mon, 23 Nov 2009 04:20:30 +0000 (13:20 +0900)]
YACAL2: CASL2処理系