YACASL2

top

YACASL2は、オープンソースのCASL II 処理システムです。

Table of Contents


概要

YACASL2は、LinuxやUNIXのコマンドラインインターフェイスで 動作するオープンソースのCASL II処理システムです。 CASL IIは情報処理試験で用いられるアセンブラ言語で、 次の資料により仕様が公開されています。

試験で使用する情報処理用語・プログラム言語など Ver 2.2(平成24年5月22日)[PDFファイル]
別紙 1 アセンブラ言語の仕様(3ページから10ページまで)

この資料の必要部分を抜粋し、HTMLとPDFに変換したもの

情報処理技術者試験 アセンブラ言語の仕様(HTML版)

情報処理技術者試験 アセンブラ言語の仕様(PDF版)

YACASL2は、CASL IIアセンブラ言語で記述されたファイルをアセンブルし、 仮想マシンCOMET II上で実行します。 アセンブルと実行は、連続で行うこともできますし、 アセンブル結果をファイルに保存してあらから実行することもできます。 YACASL2の動作はCASL IIの仕様に準拠しているため、情報処理試験の問題を はじめ各種参考書やサイトに記載されたCASL IIのプログラムを そのままアセンブルして実行できます。 また、本パッケージ中にCASL IIのサンプルプログラムが多数収録されています。

YACASL2は、「ふつうの処理系」として動作します。 ほかの多くのCASL IIエミュレータと違い、デバッガとして動作したり、 コンピュータ内部の模式図を表示したりすることはありません。 そのかわり、YACASL2は、次のような動作内容をすべてテキストで出力します。

出力された動作内容は、GNU/Linuxのさまざまなコマンド、 たとえば、catlessgrepwcなどを使って解析できます。

YACASL2の操作は、端末上のコマンドラインインターフェイスで行います。


ダウンロード

YACASL2では、tar.gzおよびtar.xz形式の圧縮ファイルを用意しています。以下のリンクをクリックしてダウンロードしてください。

圧縮ファイルGnuPG分離署名MD5ハッシュ値
yacasl2.tar.gz (428kiB)yacasl2.tar.gz.ascyacasl2.tar.gz.md5sum
yacasl2.tar.xz (232kiB)yacasl2.tar.xz.ascyacasl2.tar.xz.md5sum

インストール

インストールおよび初期設定の方法は、下記のドキュメントを参照してください。


マニュアル

マニュアルは、GNU Texinfoで作成し、さまざまな形式で出力しています。内容はいずれも同じです。


内部仕様書

ソースコードと更新履歴の詳細

ソースコードと更新履歴の詳細は、以下のサイトで確認できます。

Doxygenドキュメント

Doxygenドキュメント - Doxygenで生成した内部仕様書

GNU GLOBALドキュメント

GNU GLOBALドキュメント - GNU GLOBALで生成した内部仕様書


更新履歴


ライセンス

Copyright 2010-2014, j8takagi.

YACASL2 is licensed under the MIT license.