逆アセンブル出力と、マシンコードモニター機能の修正
[YACASL2.git] / include / cmem.h
index a38c81d..132ef28 100644 (file)
@@ -1,33 +1,59 @@
 #ifndef YACASL2_CMEM_H_INCLUDED
 #define YACASL2_CMEM_H_INCLUDED
+
+#include <stdio.h>
 #include <stdlib.h>
+#include <string.h>
+#include <assert.h>
+#include <stdbool.h>
 
-/*
- * 配列のサイズを返す
+/**
+ * @brief 配列のサイズを返すマクロ
  */
 #ifndef ARRAYSIZE
 #define ARRAYSIZE(array) (sizeof(array)/sizeof(array[0]))
 #endif
 
 /**
- * mallocを実行し、0で初期化
+ * @brief メモリを解放するマクロ
+ */
+#ifndef FREE
+#define FREE(ptr) {free(ptr); ptr = NULL;}
+#endif
+
+/**
+ * @brief mallocを実行し、0で初期化する
+ *
  * メモリを確保できない場合はエラーを出力して終了
+ *
+ * @return なし
+ *
+ * @param size メモリーのサイズ
+ * @param tag エラーメッセージなどで表示されるタグ
  */
-void *malloc_chk(size_t size, char *tag);
+void *malloc_chk(size_t size, const char *tag);
 
 /**
- * callocを実行
+ * @brief 領域の数とサイズを指定してメモリーを確保するcallocを実行する
+ *
  * メモリを確保できない場合はエラーを出力して終了
+ *
+ * @return なし
+ *
+ * @param nmemb 領域の数
+ * @param size 領域1個あたりのメモリーサイズ
+ * @param tag エラーメッセージなどで表示されるタグ
  */
 void *calloc_chk(size_t nmemb, size_t size, char *tag);
 
 /**
- * malloc_chkを実行してメモリを確保し、コピーした文字列を返す
+ * @brief malloc_chkを実行してメモリを確保し、コピーした文字列を返す
+ *
+ * @return コピーした文字列
+ *
+ * @param s 文字列
+ * @param tag エラーメッセージなどで表示されるタグ
  */
 char *strdup_chk(const char *s, char *tag);
 
-/**
- * メモリを解放
- */
-void free_chk(void *ptr, char *tag);
 #endif