Next: , Previous: , Up: Tutorial triangle   [Contents]


3.7 テストログファイルの確認

テストを実行して作成されたファイルを確認します。1.txt summary.log detail.logが作成されています。

$ ls
0.txt  1.txt  Makefile  cmd  desc.txt  detail.log  summary.log

テストを実行すると作成されるファイルは、次のとおりです。必要に応じてファイルの内容を確認します。

1.txt

テスト結果をあらわします。エラー発生時は、標準出力のあとにエラー出力が続きます

err.log

エラー発生時に、エラーが出力されます。エラーが発生しない場合は作成されません

diff.log

テスト想定ファイル0.txtとテスト結果ファイル1.txtの差分をあらわします。想定と結果が同一の場合は、作成されません

summary.log

テストの実行結果を表します。テスト実行時に表示される項目です。

detail.log

テストの詳細ログを表します。上記の内容がすべて出力されます

detail.logは、次のようになります。

== summary.log ==
----------------------------------------------------------------------
有効な不等辺三角形をあらわすテスト・ケース
01_scalene: Test Success 2011-01-10 10:09:55
Detail in /home/foo/triangle/test/01_scalene/detail.log
----------------------------------------------------------------------

== cmd ==
----------------------------------------------------------------------
../../triangle 3 4 5
----------------------------------------------------------------------

== 0.txt ==
----------------------------------------------------------------------
scalene triangle
----------------------------------------------------------------------

== 1.txt ==
----------------------------------------------------------------------
scalene triangle
----------------------------------------------------------------------

バグを含む三角形判定プログラムの場合

バグを含む三角形判定プログラムを準備してテストを実行した場合、1.txt summary.log detail.logのほかに、テスト想定とテスト結果が異なるためdiff.logが作成されます。

$ ls
0.txt  1.txt  Makefile  cmd  desc.txt  detail.log  diff.log  summary.log

detail.logは次のようになります。

== summary.log ==
----------------------------------------------------------------------
有効な不等辺三角形をあらわすテスト・ケース
01_scalene: Test Failure 2011-01-10 20:25:16
Detail in /home/foo/triangle/test/01_scalene/detail.log
----------------------------------------------------------------------

== cmd ==
----------------------------------------------------------------------
../../triangle 3 4 5
----------------------------------------------------------------------

== 0.txt ==
----------------------------------------------------------------------
scalene triangle
----------------------------------------------------------------------

== diff.log ==
----------------------------------------------------------------------
*** 0.txt    Mon Jan 10 20:12:14 2011
--- 1.txt   Mon Jan 10 20:25:16 2011
***************
*** 1 ****
! scalene triangle
--- 1 ----
! futohen sankakukei
----------------------------------------------------------------------

== 1.txt ==
----------------------------------------------------------------------
futohen sankakukei
----------------------------------------------------------------------

3.7.1 テストのクリア

make cleanを実行すると、テストの結果作成されたファイルがクリアされます。

$ make clean
$ ls
0.txt  Makefile  cmd  desc.txt